スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!>

TOP >> ここはおさえよう >>オリンピック関係のスポーツファーマシスト求人を探す

オリンピック関係のスポーツファーマシスト求人を探す

スポーツファーマシストという資格があります。ドーピングに関する指導や啓蒙(けいもう)を行えるようになる免許で、薬剤師の補足的な資格の1つとして考えられています。2020年には東京でオリンピックが開かれます。その世界最大級のスポーツイベントに向けて活躍が期待されているスポーツファーマシストですが、現状で何かオリンピック関連の仕事も出ているのでしょうか?そこで今回は、スポーツファーマシストに興味のある薬剤師に向けて、オリンピック関連の仕事があるのかどうか、まとめてみたいと思います。

■現状では仕事はない
結論から先にいいますが、スポーツファーマシストを職業として考えようとしても、現状で仕事は存在しないと考えた方がいいです。スポーツファーマシストの歴史はまだ浅く、ボランティアの領域を超えていません。大手の転職エージェントに登録したり、ハローワークに登録したりして何かの仕事を探しても、求人は見付からないと考えてください。ただ、将来は分かりません。スポーツファーマシストの試験に合格をしておくと、今後オリンピックが近付いてくるとともに何らかの仕事が出てくる可能性はあります。2020年のオリンピックに薬剤師として関係を持ちたいと思った場合は、スポーツファーマシストの資格を取得し、その道の第一人者になるくらいボランティアに励むといいかもしれません。

■スポーツファーマシストに合格すると名前と連絡先を公開できる
認定スポーツファーマシストになると、免状を与える団体の公式ホームページに、認定者として個人情報を掲載できるようになります。企業に所属し本業を持って働いていたとしても、所属先の企業名やメールアドレス、電話番号、名前などを掲載できるのです。例えばあるアスリートが自宅の近所でスポーツファーマシストを探そうとした場合、地域別に認定者を検索できるようになっています。地元周辺で活動するアスリートや競技団体で何らかのニーズが出てきたとき、声が掛かる可能性があるのです。

以上、オリンピックに関係するスポーツファーマシストの求人について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 現状でスポーツファーマシストは仕事としてのニーズはなく、ボランティアレベルの業務しかないと確認しました。ただ、今後オリンピックが近付いてくるにつれて何か変化が起きる可能性はあります。まずは認定スポーツファーマシストになり、先行して自分の名前を公開しておくといいかもしれません。

オリンピック関係のスポーツファーマシスト求人を探すなら!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページでスポーツファーマシストの求人ランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!> All Rights Reserved.