スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!>

TOP >> ここはおさえよう >> 学校のスポーツファーマシスト求人を探す

学校のスポーツファーマシスト求人を探す

学校で働く薬剤師がいます。保健室の先生とは異なり常駐はしていませんが、定期的に訪問をして環境・衛生の調査、児童や生徒の生活の環境を管理するための指導などを行ないます。対象となるのは幼稚園、小学校、中学校、高等学校です。薬剤師は専門の研修を受ければスポーツファーマシストの資格を取得することができます。

学校のスポーツファーマシストになると、児童・生徒のために薬に関する有用な指導を行えるようになります。たとえば薬の正しい使用方法を指導したり、スポーツ選手のドーピングに対する心構えなどの指導することができます。高校生になると国体に参加する選手もいますのでドーピングは身近な問題として考えさせることが必要です。この他に薬のプロとして、持病のある人やアレルギーを持っている場合の処方薬・常備薬の使用方法など薬全般についての相談も受けます。

特に公式競技に参加するようなスポーツ選手に対しては、ドーピングに対する啓発を行い、違反とならないように使用できる薬、使用できない薬などのアドバイスを行ないます。オリンピックや国際大会に出場するスポーツ選手に必ずドーピングの問題がついて回ります。プロ野球やプロサッカー選手も同様です。健全な肉体でクリーンな試合をすることがスポーツ選手には求められますので、薬物に頼った結果得た成績は正統なものとは認められません。

ドーピングの認識は高いのですが、スポーツファーマシストの浸透率はまだこれからです。そのため、この資格単独での仕事はあまり多くなく、薬剤師の仕事の一環として活動することが多くなっています。資格は4年の期限付きですが、毎年講習会を受ける義務もあります。日々変化する薬についての知識や情報の修得は欠かせません。資格としての重要度は高いので、今後需要が高まる資格であることは間違いありません。

学校のスポーツファーマシストは薬剤師が兼務しているのが普通です。求職者は増えているのですが、求人はあまり多くないのが現状です。学校のスポーツファーマシストの仕事につくには転職エージェントの利用が最適です。転職エージェントには多くの求人情報が寄せられていますので、自分で求職活動をしなくても広範囲の情報を入手することができるのです。また、コンサルタントの存在も大きいです。求職者と求人のマッチングをサポートしてくれますので安心してサイトに登録をすることかできます。転職エージェントは仕事探しのプロですから、どのような条件にも対応してくれます。

学校勤務のスポーツファーマシスト求人に強いのは下記のサイト!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページでスポーツファーマシストの求人ランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!> All Rights Reserved.