スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!>

TOP >> ここはおさえよう >>スポーツファーマシストのボランティアを探す

スポーツファーマシストのボランティアを探す

ドーピングの使用防止を目的として、薬剤師の協力の下でスポーツファーマシストという資格が誕生しました。収益性はいまだに確保されておらず、ボランティア関連の業務しかありませんが、そのボランティアにはどうやって参加すればいいのでしょうか?そこで今回は、スポーツファーマシストの資格試験を主催する団体の公式ホームページや、ボランティア活動に参加した経験のある方の実体験を参考に、スポーツファーマシストのボランティアについて情報をまとめたいと思います。

■認定スポーツファーマシストの取得が大前提
スポーツファーマシストのボランティア業務をしたいなら、認定試験の取得を急いでください。認定スポーツファーマシストになると、認定者の名前や連絡先、所属企業、住所などをスポーツファーマシストのホームページ上にアップしてもらえます。名前と連絡先が公開されれば、その連絡先を見た人からボランティアの仕事が来る可能性も出てきます。他には自分の薬局やドラッグストアで啓蒙(けいもう)活動もできるようになるので、そうした地道な活動が評価され、ボランティア要請が届く場合もあります。

一度ボランティア活動が始まると、国民体育大会選手の指導や地元の小中学校の運動部選手を対象にした啓蒙(けいもう)活動など、業務の幅が広がっていくパターンが多いといいます。スポーツファーマシストのボランティアに参加するためには、まず認定試験に合格し、合格後は自分の名前を公開しながら啓蒙(けいもう)活動を開始すると自然に話が舞い込んでくるようです。

■スポーツファーマシストの試験内容は?
スポーツファーマシストの試験内容を確認しますが、基礎講習、認定講習を経た上で、知識到達度確認試験が実施されます。その試験に合格して初めて、認定スポーツファーマシストになれます。合格後は4年ごとに基礎講習会、知識到達度確認試験を受験し直す必要がありますが、定期的な試験勉強が最新のドーピングに対応する知識のベースにもなってくれるので、積極的に更新をしたいです。その上で継続的にボランティア活動にチャレンジし、未来の可能性を広げていってください。

以上、スポーツファーマシストのボランティアについてまとめましたが、いかがでしたか? ボランティアの業務は基本的に地道な取り組みの末に舞い込んでくると語りました。ボランティアはお金になりませんが、続けているうちに何か大きな仕事に発展するかもしれません。頑張って取り組んでみてください。

スポーツファーマシストのボランティアを探すなら!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページでスポーツファーマシストの求人ランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 スポーツファーマシストの求人特集<※スポーツ業界で活躍!> All Rights Reserved.